倉庫メイドと取引所メイド

倉庫メイドと取引所メイド

倉庫メイドと取引所メイドのセット 買っちゃいましたw

物欲に負けて・・・

 

便利だなぁ~って思うことと、いまいちかなぁ~って思うこと まとめてみましたw

 

 

紹介しますw

倉庫メイドと取引所メイドのアイリンちゃんです

image

 

倉庫メイド2人と取引所メイド1人のセット販売でした

この倉庫メイドが2人ってところがミソなんですよね

 

まず倉庫メイドですが、この子たちは狩場の所属するサブキャラとタッグを組むと活躍します

では呼んでみましょう。現場のサブキャラさーん

 

まずはハイデル~

image (1)

はい こちらハイデルです

 

 

つぎはタリフ~

image (2)

なんしょっとぉ、こちらタリフにおっとよぉ

 

 

アルティノ~

image (3)

なぁにぃー、アルティノだぎゃーもぉ

 

 

最後は砂粒バザール~

image (4)

まいど、砂粒バザールやでぇ

 

 

狩場にこもって狩りしてると、メインの武器の耐久が削られますよね

かといって最寄りの村まで行って修理するのも効率が悪いw

そんなときは倉庫メイドにおまかせ!

 

倉庫メイドのアイリンちゃんを呼び出します

耐久がけずれたメイン武器を預けましょう

倉庫メイドに預けた武器は、狩場が所属する村の倉庫から取り出せます

image (5)

 

ここでサブキャラにキャラチェンジ!

 

最寄りの村で待機していたサブキャラがリアルの倉庫からメイン武器を取り出して、その村の鍛冶屋に行って武器を修理します

そして修理が完了したメイン武器をリアルの倉庫に預けます

 

 

ふたたびメインキャラにキャラチェンジ!

倉庫メイドは、一旦、呼び出したら20分間のインターバルをあけなければ、ふたたび呼び出すことができません

だから倉庫メイドは2人セットなんです

 

 

でもって、もう一人の倉庫メイド、これも同じくアイリンちゃんを呼び出します

するとぉ・・・どうしたことでしょう!

すっかり修理が完了したメイン武器をメインキャラが受け取ることができましたw

 

うーん 便利w

 

 

つぎは取引所メイドです。

こちらも同じくアイリンちゃんw

 

狩りの最中にPOTが足りなくなったことって、ありませんか?

砂漠なんかで精製水とかトウキシミ茶が足りなくなったとか・・・

そんなときは取引所メイドにおまかせ!

 

取引所メイドのアイリンちゃんを呼び出して、ちゃちゃっとPOTを購入することができます

バッグに多めにPOTを入れて狩場に行くこともできますが、POTって意外に重いですもんね

砂漠方面の狩場に行くには必須かもねw

 

 

ドロップの多い狩場では、重量とバッグのインベントリ数が圧迫されますよね

倉庫メイドや取引所メイドがいれば解決できるような気がします

でも残念ながら、アイリンちゃんはそこは解決してくれません

まず、1回あたりに出し入れできる重量が100LTまでです。うーん中途半端w

普通に重量課金したほうが効果があります

 

 

つぎに、1回に出し入れできるのは「ひとつ」までです

これがなかなか伝わりにくいんですが、バッグの中を覗くと、POTなんかはスタックされて、たとえばPOT10とかって表示されてますよね

この場合は、10個入りPOT「ひとつ」として出し入れできます

でも、ドロップで拾った武器なんかはスタックされずに1個ずつ表示されてますよね

この場合は、1個の武器「ひとつ」しか出し入れできないんです

だからバッグのインベントリの数不足の解決にはならないんです

 

 

アイリンちゃんは自宅に配置・・・って家具扱いw・・・します

自宅に帰ると、3人とも家のおそうじをしてくれてます

image (6)

 

でも、この子たちはほうきで床をはいてるだけで、いっこうにチリトリをださないので、右のほこりを左に、左のほこりを右に、永遠に移動させつづけているだけのような・・・

 

 

あとですねぇ・・・気の弱い人はご注意

アイリンちゃんたちはしゃべりません

音をたてずに移動します

 

で、一生懸命、料理したりしてると・・・なんとなく背後に人の気配が・・・

image (7)

 

 

 

 

ふりむくと、いきなりアップで どーーーん!

image (8)

 

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ てなります(。・・。)

 

個人的にはマウスを落としたことがありますw

料理と錬金するとき以外は家には帰らないんですけどね・・・

 

便利だなぁって思うところも、いまひとつだなぁって思うところもあるアイリンちゃん。

用法用量を守って正しくお使いください。

 

お疲れさまでした